AKA療法

AKAとは?

「関節運動学的アプローチ、AKA(Arthrokinematic Approach)とは関節運動学に基づき、関節の遊び、関節面の滑り、回転、回旋などの関節包内運動の異常を治療する方法である。」と医学的には定義されます。これでは、理解しにくいと思われますので、なるべくわかりやすくAKAにつき説明したいと思います。

AKAとは、「エーケーエー」と読み、Arthrokinematic Approach(アルスロキネマティックアプローチ:関節運動学的アプローチ)の略で、当初は動きにくい関節を動かそうとする目的(関節機能障害の治療)で博田節夫(はかたせつお)先生(整形外科医)により開発された治療法です。先生は1979年から研究開発に着手しましたが、その過程において関節の動きを治療することにより体の痛みが軽くなることを発見したのです。この治療法は実際の臨床に応用され、試行錯誤をくり返しながら徐々に診断、治療技術として体系付けられてゆきました。今現在は、医師、歯科医師、理学療法士、作業療法士にのみその習得が許可されています。

JSA(Jointo Skating Approach)とは?

JSAとは、AKAを基礎としつつ発展を加えてきた協会会長の田口 幸三郎(鍼灸師 医学博士)によって、開発された関節包内調整技術であり、関節面がまるで『アイススケートをするように軽やかに滑ること』をイメージしてつくられた造語です。 その目的は、『関節機能障害の改善・予防のために、関節運動学に基づき、関節運動を滑らかにし、さらに関節の構造全体を正常化することを目的とした手技療法』です。

JSAの特徴とは?

aka3JSAでは、関節包内運動の改善のみではなく、関節の変形や関節面の修復を考えています。
JSAによって関節包内の動きが正常化していきますと、狭小化していた関節面の裂隙が広がり、関節面も平坦化し、関節の構造全体が正常化していくことがよく見られます。

痛みの原因を解明し、正しい治療を行います

関節が機能障害を来たすと、関節包・靭帯・筋肉等にスパズムが発生します。それにより、ポリモーダル受容器が興奮し痛みを発し、さらに筋短縮や筋拘縮が発症します。その結果正常な関節の運動が妨げられ支障を来たしてくることが考えられます。
しかし、一般的には、痛みの原因は定かでは無く、痛みは関節の異常を知らせる生体への警告としてとらえています。また、なぜ関節に機能障害が発生するのか、その分析も十分ではありません。急に外力が加わった、また長期間関節が固定された等により発生する場合もありますが、大半は日常生活の中から発生し、その原因は特定できません。したがって、原因を解明することより、どの関節から由来された症状かを診断し治療にあ
たることを優先していきます。

JSAの検査の中には、関節の遊びと構成運動をとらえるアプローチがあります。この検査により症状が改善されれば、その関節の機能障害によるものと診断でき、しかも治療がなされています。
いわゆる検査と治療がひとつのものとなっています。
これらをもとに、JSA手技療法は関節包内運動を改善し、生理的な関節運動を再生させていきます。肩こり・腰痛・関節痛といわれる慢性的な痛みも、ぎっくり腰・むちうち損傷・関節捻挫など急性的な痛みも、大半は瞬時に消失・減弱していきます。
これらの治療を継続的に受けられることで無理のない自然な姿を取り戻せていける事と確信しています。

仙腸関節とは?

aka2仙腸関節とは、腰椎の下にある仙骨とその外側にある腸骨が接する関節で、この仙腸関節が本来の動きを失ってしまいますと骨盤が歪み、腰痛をはじめとして、多くの関節にひずみが生じるとされています。AKA(JSA)技術の中で中心となる関節部位となります。

なぜ痛みが消えるのか

痛みは関節の機能障害による警告であり、JSA手技療法により機能障害が改善されると消失し、正常な関節運動が出来てきます。おそらくスパズムが抑制され、ポリモーダル受容器の興奮が緩和されたものと考えられますが断定できません。
さらにJSAにおいては、関節面を近づけ関節周囲の緊張を緩和し、同時に関節面の潤滑機構を高め、関節の運動能力を向上させていきます。それによって、関節運動をより滑らかに軽くしていきます。aka1

 

 

当院院長は、名古屋市にて理学療法士からAKA博田法を学び、その後今現在もJSA講習会に何回も参加して習得して参りました。、主に中医鍼灸をもって治療にあたりますが、場合によっては上記の関節包内調整術も適宜併用して参ります。痛みがなくソフトで顕著な効果のあるAKA(JSA)を自信をもって皆さんにお勧めいたします!

豊田市で鍼灸ならTCM鍼灸院 豊田市TCM鍼灸院の診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0565-21-5039

愛知県豊田市和会町鳥手123番地2
愛知環状鉄道 三河上郷駅から、徒歩20分

ページトップへ戻る